Welcome!

+++Ladies! BLOG in Vancouver++

リストに戻る

1年以上

本日、Continental(コンチネンタル)航空飛行機の飛行機の中で一人のパイロットがフライト中に亡くなりました汗


BrusselsからNewark行きの61便には、247人の乗客が乗っており、メインパイロットであった60歳の男性は

操縦中に心筋梗塞が起こり息絶え、その後は2人の副操縦士により、無事にNewark空港に着陸しましたしょぼん


亡くなった60歳のパイロットは、コンチネンタルに32年間勤め、その最後を飛行機の中で終えたDASH!


今回、機内にいた乗客には、何の情報も知らせられなかったそうです・・・

「誰も知らなかったと思うわ。着陸したときに、滑走路近くに、救急車やパトカーなどがいて、何がおきたの?って思ったもの」


「何も聞かされなかったよ・・・なんで、こんなに警察がいるんだろって思った」


「着陸したときに、夫から電話があって、そのニュースを知ったわ」


機内アナウンスで「ドクターの方おられますか?」とはあったものの、そのような問題がおきていたのにも関わらず、クルーはいつもどおりにスナックや飲み物を配り、乗客に心配を与えないためにと言っている・・・


乗客に何がおきているか伝えるべきだったのはないか?という問いに対して


副操縦士とは、メインパイロットが疲れたり、体調不良を訴えた際に同じように操縦できるためにいます。

メインパイロットがフライト中に亡くなっても、お客様を無地に着陸し、目的地に着くことは私たちにできますと・・・


今回の2人の副操縦士は、長距離フライトも経験している人たちだったので、着陸には何の問題もなかったという。


乗客の声としても

「彼から(クルー)はとっても素晴らしい仕事をしていたわ。私でも同じことをしたと思うわ。」

と共感を得ています。


このような、事態が起こっていることは乗客として知っておきたいと思う反面、知ったところで

空の上で、何もできずにパニックになることが予測されていたからだろう。

それぞれの仕事には、それぞれのプロの考えと目線がある。

状況判断ができているクルーのおかげで、乗客全員無地に着陸したことは、コンチネンタルの教育の

行き届き方がしっかりしているということでしょう。



コメント

+++Ladies! BLOG in Vancouver++

作者:Ladies!

+++Ladies! BLOG in Vancouver++

★+++海外で生活しているあなたを支援するLadies!日本を離れ、違う文化や言語で苦戦することもあるけど、頑張る人に素敵な情報を発信+++★
勉強に、仕事に、恋に、遊びに、女の子は忙しいのだぁ!!!

7日 22 総合 622 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Ladies!さん新着記事

カナダデー..
1年以上



過去記事

Ladies!さんへの新着コメント




バンクーバーブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Shine Canada
2位 NATULIVE
3位 口コミで評判のカナダ留学無料エージェントーカナダジャーナル
4位 ワーキングホリデー♪ そぅだ。。。カナダに行っちゃおう!! カナダの土地をアルクのだ!!
5位 靈氣ママのいろいろ日記
6位 VI Himestay カナダ留学ブログ
7位 素顔でBe Plus!!
8位 Letters from Vancouver


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンクーバーでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録